笑顔の男性

若ハゲを防ぐには日頃から頭皮のケアを行なうことが大切

生活習慣を見直しましょう

男の人

原因の特定を推測

ストレスの多い現代では、いわゆる若ハゲが多くなっていますが、解決、または改善のためには、やはり原因の特定をスタートとしましょう。多くは、喫煙習慣、ストレスによるもの、脂っこい食生活、睡眠不足、シャンプーの仕方などの衛生面といった部分がキーとなります。これに心当たりのある方は少なくないでしょう。こうして見ると、ストレスや生活習慣がキーとなっているわけですから、若ハゲは誰にでもなりうるとも取れます。遺伝的要因なども考えられますが、これらの生活習慣は、できる限り改善しておきましょう、若ハゲという観点だけではなく、様々な生活習慣病の予防ともなります。薄毛専門の医療機関にかかることも良いことですが、根本的な改善のためには生活習慣をしっかり見直すことが大切です。

血行に良い生活を

若ハゲの原因となる男性型脱毛症や、若年性脱毛症の原因はホルモンバランスの影響も多くあります。生活習慣で、過度に緊張したり、十分に休息を取れていないということが多くの場合考えられます。飲酒や喫煙、あるいは過食などでは、仮に精神的にリラックスできても身体は悲鳴をあげています。しっかり、身体に休息を与えることで、ホルモンバランスは保てるものです。神経は主に交感神経、副交感神経で構成されていますが、現代人は交感神経が優位になりがちです。これは、緊張状態で作用しますから、身体はリラックスできていないのです。副交感神経は、睡眠しているときやリラックスしている時に作用します。少しでも長時間副交感神経を保てれば、身体の血管が緩み、血行が改善されます。若ハゲの原因には、血行改善が一つのキーワードです。十分な休息と共に、血行に良い食べ物(ビタミンEやビタミンC)を摂取したり、脂っこい食べ物はできるだけ避けることも心がけましょう。