笑顔の男性

若ハゲを防ぐには日頃から頭皮のケアを行なうことが大切

若年性脱毛症

髪を触る男性

発症する原因

ハゲというと中年男性がなりやすい症状ですが、若い人でもハゲで悩んでいる人は沢山います。男性のハゲの9割は「男性型脱毛症」に当てはまります。男性型脱毛症になるおもな原因は、加齢、遺伝、ホルモン、生活習慣などです。10代後半や20代前半などの若いうちに若ハゲになることを「若年性脱毛症」といいます。若年性脱毛症になる原因も、男性型脱毛症と同じように遺伝やホルモン、生活習慣が関係しています。若い人や甘いものや炭酸飲料、ファーストフードなどを好んで食べますが、糖分や脂分、添加物がたっぷり入った食べ物は血液をドロドロにして頭皮の血行を悪くします。シャンプーをしっかりしていないと、頭皮が不衛生になりハゲにつながるので注意が必要です。

頭皮用のシャンプーでケア

男性型脱毛症の治療は、発毛クリニックで受けることができます。発毛クリニックには高度な発毛プログラムがあり、オーダーメイドできめ細かい治療をしてくれます。しかし、まだ若いと十分な経済力がないので、若ハゲになっても発毛クリニックなどに行って治療するのは難しいのが現実です。若ハゲを治すには、食生活を見直すことは基本中の基本です。それにプラスして、洗髪のときに使うシャンプーを頭皮にいいものに変えると効果があります。頭皮用のシャンプーを使うと、頭皮が健康になり若ハゲを早期改善できます。頭皮用のシャンプーは普通のシャンプーよりも高いものが多いですが、クリニックを利用したり育毛剤を使ったりするよりもずっと安く済みます。