笑顔の男の人

若ハゲを防ぐには日頃から頭皮のケアを行なうことが大切

若年性脱毛症

髪を触る男性

若ハゲのことを「若年性脱毛症」といいます。若年性脱毛症は食生活が原因でなることが多いので、若いのにハゲが気になってきたら早めに生活態度を改めることが大切です。また、頭皮用のシャンプーは若い人でも購入しやすいので若ハゲ対策におすすめです。

Read More

生活習慣を見直しましょう

男の人

ストレスの多い現代社会では、誰でも若ハゲになり得ます。一日の中で、身体が十分にリラックスできる時間を少しでも長く設けましょう。リラックス時は、血管が開きますので血行がよくなる時間帯です。食事面と共に、十分な睡眠、身体を冷やさないなど、気をつけるべきところは気をつけましょう。

Read More

若い人も注意、薄毛の原因

髪の毛

年齢と共に、髪の毛は薄くなってきます。これは髪の毛の細胞の劣化によるもので、誰にでも起こりうる自然な現象です。しかし、近年20代や30代の若い人でも、早期に薄毛になってしまうことが増えています。自分がいわゆる「若ハゲ」であるかどうかは、簡単にチェックすることが出来ます。「若ハゲ」には、頭頂部が薄くなるタイプや、前頭部が薄くなるタイプなど様々な種類があります。そのために、日課として毎日鏡を使い髪をよく観察しましょう。鏡を見て、少しでも髪が細くなってきたり、前頭部の面積が広がってきた、と感じた場合、シャンプーを優しいものに変えてみたり、植毛について調べたりなどの対策が必要となってきます。早期発見が、悪化を防ぐことにつながります。

では、若ハゲの原因とはどのようなものがあるのでしょうか。一つは「遺伝」です。実はこれが若ハゲだけではなく、加齢とともになる薄毛の原因としても、最も多いものです。父親や祖父が若くして髪の毛が薄かった、という人は自分もそうなる可能性が高いといえます。もう一つは「髪へのダメージ」です。若い人がなってしまう「若ハゲ」の原因としては、とても大きな割合を占めています。若いうちは髪を染めたり、パーマをかけたりと様々なアレンジを楽しむ人が多いです。しかし何度も染め、髪の毛のケアを怠たっていると髪や頭皮までにもダメージが蓄積されていきます。それによって、髪の毛へ十分な栄養が行きわたらず、薄毛の原因となってしまいます。なるべく髪へのダメージを減らすように染めたりパーマをかけたりした場合は、きちんとした髪の保湿ケアをすることが大切です。

髪をよみがえらせよう

鏡を見る男性

AGAが原因で若ハゲになる人が多く、それは男性ホルモンやホルモンバランスの乱れ、遺伝、生活習慣の乱れなどが原因です。クリニックで治療できますが植毛に頼る人もいます。人工毛より自毛植毛が人気で、その効果は半永久的で見た目も自然です。

Read More